ねらわれたぴらにあ

MENU

【灯争大戦】テイサ・カルロフで静かに暴れたい|残酷な祝賀者はパートナーとなり得るか【MTG】

f:id:gakigaki077:20190402233328p:plain
MTGアリーナの日本語版リリースを機に、約7年ぶりにMTGで遊んでおります。
以前は大金をはたいて遊んでいたものが、今では無料で、
しかもいつでも対戦ができるというのは良い世の中になったものですね~。

えー、日々コツコツとカードプールを貯めていく中で気になったのが、
こちらの「テイサ・カルロフ」です。

テイサ・カルロフ
テイサ・カルロフ

なんといっても、絵が良い・顔が良い
しかも能力が面白い

ということで今回は、スタンでテイサ・カルロフを活用させるにはどうしたら良いかを、
新カードを交えて考えていきたいと思います。



テイサ・カルロフで静かに暴れたい

テイサ・カルロフの一つ目の能力がこちら。

クリーチャーの死亡によりあなたがコントロールしているパーマネントの誘発型能力が1回誘発するなら、
その能力は追加でもう1回誘発する。

クリーチャーの死亡によって、パーマネントの誘発型能力が~というのが面白いところで、
ベタなところだと墓地開放の能力も2回誘発するということなんですね。

墓地解放
墓地解放

テイサ・カルロフと墓地解放が場に出ている状態で、悪運尽きた造反者の悪運が尽きた日にはもう
2/2のゾンビが4体も墓場から飛び出してくるという、今にも名曲「スリラー」が流れてきそうな状態になります。

悪運尽きた造反者
悪運尽きた造反者

そして、テイサ・カルロフの第2の能力がこちら。

あなたがコントロールしているクリーチャー・トークンは警戒と絆魂を持つ。

ワラワラと出てきたトークンで殴りましょうということなのでしょう。

死後持ち等と組み合わせると大量に警戒・絆魂トークンを展開できるのですが、
テイサ自体がトークンのサイズを上げられないということもあり、
もうひと工夫が欲しくなるかと思います。

私の場合はクリーチャーの数を利用して、天使の称賛のバフによる単体アタックで攻めることが多いです。

天使の称賛
天使の称賛

死後持ちが死亡すれば、1/1の飛行持ちスピリット・クリーチャートークンを生成することができるので、
テイサの能力も併せて巨大な飛行・絆魂クリーチャーとして大きなライフアドバンテージを稼げることが多いです。

とはいえ、テイサ・カルロフ、墓地解放、天使の称賛を場に出すとなると結構なコストとなり安定感もないため、
もっと軽い勝ち筋が欲しいところ。

なにか良いものはと探していたところ、最新セット「灯争大戦」の中にありました!良さそうなのが!




残酷な祝賀者はテイサ・カルロフのパートナーとなり得るか|灯争大戦

テイサ・カルロフとシナジーを生みそうなのがこちらのカードです。

残酷な祝賀者
残酷な祝賀者

残酷な祝賀者か、あなたがコントロールしている他のクリーチャーかプレインズウォーカーが1体死亡するたび、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。

なんといっても、死亡誘発型能力で相手のライフを削ることができるというのが素晴らしいですね。
しかも自身が軽い!
タフネスは2なので焼かれる可能性はありますが、自身の死亡時も能力が誘発されるので「タダでは死なないぞ」というところが良いですね。

テイサ・カルロフと残酷な祝賀者が場にいる状態で、死後持ちをゾロゾロと場に並べてゾンビアタックを繰り返せば、
結構面白い戦い方ができるのではないでしょうか。
場にクリーチャーが十分出た状態で、全体除去を打ってごっそりライフをかっさらっていくというのも気持ちよさそうですね。

まとめ|テイサ・カルロフで静かに暴れたい

今まで正直パッとしなかったテイサ・カルロフですが、新カードの登場で見せ場が増えるような気がしています。

今後の発表が楽しみです!