ねらわれたぴらにあ

MENU

【MTG】ギルドパクトのガラス壁の活用方法【死後デッキ】

f:id:gakigaki077:20190415220401p:plain

今回フィーチャーするのがこちらのカード、《ギルドパクトのガラス壁》です。

色制限なしで軽い全体強化ですから、手に入れたらとりあえず使ってみたいですよね。

ギルドパクトのガラス壁

ギルドパクトのガラス壁

(2) アーティファクト

あなたがコントロールしている多色のクリーチャーは+1/+1の修正を受ける。

 

 ギルドパクトのガラス壁の活用方法|MTG

ギルドパクトのガラス壁の活用方法で目を付けたのが、死後デッキです。

死後持ちのクリーチャーは死亡すると、白黒の1/1飛行トークを出しますので、《ギルドパクトのガラス壁》で強化するにはもってこいです。

 

死後持ちの中でも《傲慢な支配者》は《ギルドパクトのガラス壁》が場にあれば、生前は3/2の警戒で攻めにも守りにも活躍しつつ、死してなお2/2の飛行を残していきますから、相手からしたら厄介極まりないですね。

傲慢な支配者

傲慢な支配者

また、《債務の聖職者》は生前は恩恵を受けられずとも、死後は2/2飛行を2体も生み出しますので、こちらも相手としては何とかしたいところ。

債務の聖職者

債務の聖職者

そして上記の2体を合わせた以上の厄介さを持つのが、《秤の熾天使》です。

素でそこそこのサイズがある飛行クリーチャーですので、サイズを上げて殴ってくるのも厄介ですし、かといって死亡させても2/2飛行が2体ということで、生殺しか追放といった選択を迫ることができます。

秤の熾天使

秤の熾天使

 あとは死後クリーチャーではありませんが、《脚光の悪鬼》も相性が良いですね。

1コストでありながら、赤黒の多色クリーチャーですので、もちろん《ギルドパクトのガラス壁》の恩恵を受けられます。

2/2で殴りつつ、死亡時には1点を飛ばせますので、タフネス3のクリーチャーを道連れにできる計算です。

1ターン目に《脚光の悪鬼》、2ターン目に《ギルドパクトのガラス壁》を展開できれば、序盤は結構優位に進められるのではないでしょうか。

脚光の悪鬼

脚光の悪鬼

そして、これらのクリーチャーの持ち味を最大限に引き出すことができるのが、やってまいりました《テイサ・カルロフ》です。

《テイサ・カルロフ》自身も多色ですので、恩恵を受けられるのはおいしいところ。

テイサ・カルロフ

テイサ・カルロフ

《テイサ・カルロフ》についてはこちらの記事もどうぞ。

www.macky.site

 

それと、個人的には《天上の赦免》も相性がいいと考えてます。

能力だけ見れば、《ギルドパクトのガラス壁》は下位互換になるわけですが、かといって6マナの《天上の赦免》をガン積みするのは安定しているとは言えません。

というわけで序盤~中盤は軽い《ギルドパクトのガラス壁》でそこそこの優位性を保ちつつ、長期化した場合は《天上の赦免》でさらに場を固めるという戦略が良いかと思います。

《天上の赦免》の生成されるクリーチャーも恩恵の対象ですので、最悪クリーチャーカードが枯渇してしまっても、これらのアーティファクトとエンチャントで凌げるのではないでしょうか。

天上の赦免

天上の赦免

まとめ|ギルドパクトのガラス壁の活用方法

最近はもっぱら上記のカードに除去やドローの呪文を含めた構成のデッキを愛用しています。

赤、白、緑あたりには結構戦えるのですが、青白コントロールや《肉儀場の叫び》が積まれた黒なんかにはつい血涙が出ちゃいますね~。


マジックザギャザリング RNA JP 233 ギルドパクトのガラス壁 (日本語版 レア) ラヴニカの献身 Ravnica Allegiance

マジック:ザ・ギャザリング ラヴニカの献身 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX